IGBAの理念

ヒーロー(護り人)を育成し、
人々の笑顔を護り、安心安全な社会を

実現する

一般社団法人国際護身武道連盟|INTERNATIONAL GOSHIN-BUDO ASSOCIATION(IGBA)は、世界に誇る日本武道の技、心を継承し、人々の生命、人生、生活を護るために、全国で護身術指導、各種セミナー、出張指導等を行っています。

また総合護身インストラクター養成講座を始め、各種資格認定を通じて人々の生命、健康を護り、よりよい社会へと導いていくヒーロー「護り人(まもりびと)」の育成に取り組んでいます。

全ては「人々の笑顔を護り、安心安全な社会を実現する」ためです。

IGBAが考える「護身術のあり方」

『護身とは「哲学」である』

護身術は「気構え、心構え」という日常生活を送るうえでの「マインド」から始まります。
そして身を護るための知識を学び、隙の無い日常生活を心がけるようにします。それは生きる姿勢や日常の所作にまで影響を与えます。
また普段からセルフコントロールに努め、言葉、行動、思考に気を付け、人間関係を良好にすることで、トラブルに巻き込まれない環境作りに努めます。
そして、いざという時には、その時に持てる全てのリソース(判断力、知力、精神力、身体能力、技術力、人間力、運の力)を駆使して、生還するためのあらゆる手段を講じます。
その時に必要なのは、「どんなに厳しい状況でも気持ちで負けない心」「どんなに追い込まれても最後まであきらめない心」「動じない胆力」そういった人間力であり、総合力なのです。
まさにその一瞬の中に、生きるために必要な「哲学」が含まれており、人生の縮図でもあるのです。
だからこそ「護身を学ぶことは、人生にも通じる哲学を学ぶこと」ともいえるのです。

事業内容

社会貢献

全国への護身術普及活動を通じて、安心安全な社会づくりを目指します

護り人育成

防犯護身の専門知識やノウハウを習得した認定インストラクター、護り人を育成します

マッチング

優れた技能を持った武道家・専門家と、技能を習得したい人をマッチングします

IGBAの実績

IGBA(剣護身術)の圧倒的な実績

①全国で護身術セミナーを実施

2010年9月より全国で護身術セミナーを200回以上実施しました。
全国で指導した人数は1万人を超えます。

②学校プロジェクト

2013年8月、「子ども達を護れ!!学校プロジェクト」を発足。
全国の学校で実施された学校プロジェクトは大好評でリピート開催も多数。
指導実績は6千人以上。
詳しくはこちら

③企業研修を多数実施

様々な業種の企業様にお声がけいただき、企業研修を実施してきました。 
楽しく飽きの来ない研修は毎回ご好評いただいております。 
詳しくはこちら

④メディア、雑誌出演多数

AMEBAprime、テレビ番組、女性セブン、週刊スパ、全国紙など、多数出演しております。
詳しくはこちら

⑤ドラマのアクション指導

有名俳優が主演の刑事ドラマのアクション指導をしました。
詳しくはこちら

代表紹介

黒木博文

  • IGBA|一般社団法人国際護身武道連盟 代表理事
  • 剣護身術 代表
  • 大東流合気柔術 師範
  • いじめを克服するため武道の世界に入る。
  • 高校を卒業して自衛隊入隊。教育隊で首席になる。その後、精鋭部隊に配属される。
  • 自衛隊を除隊して滝行、山籠もりなど限界を超えた修行に打ち込む。
  • 正道会館に入門。入門6ヶ月で全九州新人戦重量級で優勝する。約1年で退会して、宗教、哲学、精神世界の修行に打ち込む。
  • 30歳で大東流合気柔術に出会う。
  • 2008年9月、秋葉原で起きた凶悪事件をきっかけに護身術指導を開始。
  • 2010年9月、東京を皮切りに、全国で護身術普及活動を開始。
  • 2012年12月、一般社団法人国際護身武道連盟を設立。
  • 2013年8月、「子ども達を護れ!!学校プロジェクト」発足。
  • 全国の学校で6000人の児童に指導。(2022年9月時点)
  • 直接指導した人数は7000人を超える。(全国組織で1万人)